« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

東京モーターショー

11月は忙しくなるかもしれないし、休暇は取れるときにとっとけということで、30日を年休として3連休にしました。ということで東京モーターショーに行ってきました。

昔から自動車好きだし、最近バイクも好きになったということで、それなりに待ち焦がれていたイベント。でも事前から参加社数が少なく、規模も縮小、おまけにカワサキは出展なしとネガティブなことしか聞かない。期待もしぼんでいくイベントに行く前からテンションは上がらず、午後から行くことにしました。

木曜夜から新宿で夜遊びして朝帰りしてたので、10時すぎにようやく起床。30日イオンカード5%オフデーということで、サティ(イオングループだから)でお買いもの。そんなこんなで出発は午後の2時(^_^;)

赤チビニンで東名、首都高、京葉道を通り幕張ICで降りて幕張メッセ有料駐車場へ。途中、首都高で渋滞が数か所ありましたが、比較的スムーズに移動ができたおかげで1時間ほどで到着。ということで会場入りは3時でした。会場に着いて気付いたのですが、見事にデジカメを忘れました(>_<)そんなに急いで用意していたわけでもないけど、一番重要なものを忘れるぐらいテンション低かったのでしょうね(^_^;)ということで写真は携帯のしょぼいものしかありませんのであしからずm(__)m

Hi3b0462

バイク置き場も御覧の通りガラガラで今年のモーターショーの期待度の薄さをにおわせています。

Hi3b0464

会場の様子ですが、人もまばらでかつてのパワーは全く感じられませんでした。前は平日でももっと混みあってたのに...

18時には閉場しちゃうみたいですが、展示スペースも縮小されてるし、見回るのに時間もかからないだろうと思い昼食をとるため(3時過ぎだけど...)カフェテリアへ。

Hi3b0465

たったこれだけ食べただけだけど、1050円取られた(>_<)。事前にコンビニで買っておけということですね(^_^;)

そしてここからは写真モーターショーの紹介コーナーとなります。

まずはバイクコーナー。

Hi3b0553

Hi3b0555

Hi3b0558

YAMAHAコーナーです。電動バイクは未来的なデザインですが、なんかピンとこない。VMAXはこれぞアメリカンというスタイルで結構好き。重すぎて乗ろうとは思わないけど...最後はR1。白が気品あります。ぜひ乗ってみたいバイク。

Hi3b0514

GPマシンのM1は別場所で展示されていたカラーリングされたものを。でもYAMAHAはモーターショーのときはいつもそうだけどまたがらせてくれないですね。

お次はホンダのバイクコーナー。

Hi3b0568

VFR1200Fでお姉さん付き(^^♪バイクよりお姉さんがカッコよすぎます。こんなカッコで乗ってみたいけど、ノーヘルじゃ乗れないよね(^_^;)

Hi3b0580

GPマシン。他にもマシンは展示されていたし、またがることもできたけど、それほど目新しいものはなかったので、普段はおめにかかれないものを。そして、今回唯一他人に撮ってもらった写真を公開(^_-)-☆

Hi3b0581

Hi3b0582

GPマシンにまたがってみました(^O^)/ロッシが好きだからM1にまたがってみたいけど、これはこれでドキドキ体験でした。といってもやっぱり様にならないですね(^_^;)

国内最後はスズキコーナー。

Hi3b0572

Hi3b0578

またがることができたグラディウス400cc。エンジンがVツインだそうでくろこ的にちょっと気になるバイク。カウル付きのがあったら欲しいかも。  下の写真はGPマシンと奥がBandit1250F ABSでフルカウルがそそります。

最後はその他海外バイク。

Hi3b0583

あこがれのハーレー。輝いてますね(*^_^*)

Hi3b0584

BUELLはそこそこお安いのでちょっと気になってます。大型に戻るときには検討したいバイク。Vツインの音が好きです。

Hi3b0587

Hi3b0586 

バイクじゃないけど、トライクも紹介。大きいからすり抜けは無理だろうけど、安定してるからこける心配はないですね。オープンカー感覚が味わえるのかも。

そして車コーナー。まずは世界のトヨタから。

Hi3b0525

Hi3b0540 

注目はこれ、FT‐86。おもったより大きい印象だけど、くろこの大好きな赤がそそります。これを見ていた男性2人組みが今更マニュアルかよなんて笑って話していたのに、今時マニュアルだからカッコいいのにと心の中で反論しちゃいました。

Hi3b0530

Hi3b0532

Hi3b0534

Hi3b0535

4枚ともLEXUS LFAです。エコエコと叫ばれてたモーターショーの中、くろこはそっち方面はどうでもよくて、これぞスーパーカーというのを待ってました。白が貴賓を感じさせます。とても手が出ないものだけど、運転してみたい。下の2枚のスケルトンはすごくきれいでした。 エコが全面に出ている言われてたけど、実はこれが一番力入ってました(*^_^*)

Hi3b0563

ホンダCR-Zです。クーペなんだけどミニバンっぽく見えるのはホンダに対する偏見なのかなぁ?

Hi3b0481

マツダの清(きよら)。ガルウィングがいい(*^_^*)コンパクトだから昔あったトヨタのセラを思い起こさせます。コンセプトカーだから出すかどうか分からないけど、FT-86、CR-Zとともにマツダもチャレンジしてみて欲しいです。他の2つよりコンパクトだからそそられ度はこれが一番かも。

Hi3b0552

マツダスピードアクセラに乗りこんでみたのでパシャリ。PoloGTI買う時にこれも候補の1台でした。パワーはすごいけど、なんかパネル周りその他が気に入らなかった。

その他日本勢は特に気になる展示もなく、ここでの紹介はスルー。

Hi3b0477

試乗コーナーのGT-R。さすがに人気があるようで開場前に並ばないと乗れないようです。普通のディーラーで試乗はさせてもらえないそうなので、発売されてから結構経つのに人気なのは分かるかも。

お次は海外勢。こちらはほんとお寒い状況でした。

Hi3b0507

ロータスエリーゼです。テニススクールの駐車場でときどき見かけます。実用性は皆無だけど、ちっちゃくてきびきびしてそうで、これでドライブすると楽しそうです。

Hi3b0518

ケーターハム スーパーセブン。3台並んでましたが、この色使いが一番好きかな。

Hi3b0489

Hi3b0495

Hi3b0501

特別展示の懐かしの車特集。カーオブザイヤー関連の展示から3台。ソアラ、MR-2、スープラ。どれもくろこあこがれだった車です。全部トヨタですね。ま、愛知県出身だから仕方ないです(^^♪

車の紹介もここまで。確かに各社エコエコと連呼してました。でもそれなら車を所有すること自体が間違っているということになりますし...なんか矛盾してるのがなんとも(>_<)

そして皆さんお待ちかねの車に侍っている姉ちゃん(じゃなくて)コンパニオンのお姉さま方の写真です。

Hi3b0487

Hi3b0541

Hi3b0549

Hi3b0570

Hi3b0575

Hi3b0577

Hi3b0588

Hi3b0585

Hi3b0591

一気に紹介しました。コンパニオンさんの人数も露出度も減ったけど、やっぱり出ている人たちは輝いてます。あこがれます(*^_^*)

これにてモーターショーの紹介は終了。一応全部見回りましたが2時間もかからなかったです。事前に分かっていたことなんだけど、ほんとにさみしくなったなぁと実感したショーーでした。

結局閉場する18時前に幕張メッセを後にしたけど、外は真っ暗。帰りのルートは南下して木更津を経由してアクアラインを通って帰るルート。

木更津のお魚さんを食べに国道16号を南下しますが、一般道ゆえ信号にひっかかります。ということで途中でしびれを切らせて市原ICから館山道を使用。さすがに空いていてあっという間に木更津を通り過ぎます...ってあれ?木更津南ICまで行っちゃったのでそこから北上してJR木更津駅あたりを目指します。ナビも道路マップもなしのカンによるナビゲーションで、途中若干迷うこともあったけど、目的のお店到着。

目的のお店は海鮮茶屋 活き活き亭(お店のURL)。木更津の海鮮焼のお店です。

Hi3b0593

Hi3b0599

セルフサービスの前払いでお魚や貝を買って、それをテーブルにある網で焼き焼きして食べるお店です。

Hi3b0597

今回は一人で焼き焼きするのもむなしいので、海鮮丼を注文しました。遅い時間(到着は19時過ぎなんだけど、お店は20時に閉まります)にバイクで一人でやってきたお客を不憫におもったのか海鮮サラダをおまけしてくれました。おばちゃん複数でお店番してましたが、とてもあたたかくて気前がいいです。海鮮丼945円は結構ボリュームがあって美味しかったです。

お腹がふくれたら、あとはアクアラインを通って帰るだけ。今回おニューのヘルメットをかぶっての出撃でしたが、さすがのAraiのフルフェイスのメットだけあって、フィット感もいいし、風がメットの中に入ることもないし、言うことなしの満点メット。

調子に乗ってアクアラインのトンネルで最速チャレンジもやっちゃいました。久しく回してなかったのですが、6ヶ月点検を終えて調子がよくなったのかエンジンが軽やかに回って、ぬやえkm/hのこれまでのチビニン最高記録を達成しました。前がせまってこなかったらぬゆわkm/hまで行けたかも。それぐらい調子よくエンジンが回ってました。

家に戻ってきたは夜の9時に帰宅。すぐにお風呂入って、出てきたらソファで居眠りしてしまい。気付くと3時になってました。なんだかんだで目的は果たせたしいい休暇となりました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

みなとみらいライフ

最初にまずちょっとしたお誘い。10月30日(金)に幕張で開催中の東京モーターショーに行く予定なのですが、この日暇でモーターショーに興味ある方、ご一緒しませんか?集合先はどこでもかまいません。現地集合も可です。くろこは年休取得済みなので一人でも午前中から出撃予定です。

10月前半の大型連休明けからは、横浜みなとみらいに出社中。といっても10月一杯はリハビリ期間な感じで仕事してる感は全然無い。いつまで居られるか分からないみなとみらいライフをちょっぴりご紹介。

7

横浜みなとみらいは東急東横線がみなとみらい線に乗り入れするようになって、かなり発展してきてます。商業施設は前から結構あったけど、オフィスビルやマンションなんかも近年急増中。ただ昨年の金融危機でその辺にかげりがあるけど...うちの会社も賃料が安いからでしょうね、昨年赤坂から一部オフィスをみなとみらいに移しました。そんなわけで初めてみなとみらい勤務を味わっているところです。

みなとみらいのいいところは

  • 海が近くて景色がいいこと、
  • 商業施設が充実していて、かつ集中立地していること
  • 平坦だから建物間の移動がしやすいこと

こんなところですね。

家からは乗り換えがちょっと面倒で電車通勤はあまりしたくないけど、短期間なら環境面で23区内よりいい感じがします。バイク通勤とかできると結構楽なんだけどなぁ...

みなとみらい勤務で楽しいのは、ランチタイムとアフターのショッピング。こういうのはそのうち飽きるだろうけど、まだ通い始めて間もないから実に楽しいです。

ということで、みなとみらいランチ紹介。

  1. さかえや(お店のURL) 和風麻婆定食
    1

  2. 京うどんとむぎとろの店 夢吟坊(お店のURL) 麦とろ膳
    2

  3. 東京純豆腐(お店のURL) 地鶏スンドゥブ
    3_

  4. 陳建一 麻婆豆腐店(お店のURL) 陳麻婆御膳
    4

  5. 銀座天國(お店のURL) ランチの天ぷら定食
    6

5店舗紹介しましたが、毎回違うところに行くので、まだ紹介してないところもあります。順番は行った順で好きな順番というわけではありません。ただ持病により脂っこいものを食べるとは腸の調子が悪くなるので、1か2あたりの和風料理がいい感じです。陳健一さんの麻婆豆腐は初めてでしたが、いろいろな香辛料等で味が複雑な感じでしたが山椒が強すぎてすべてを台無しにしていて、とてもおいしいとは思えませんでした。銀座天國さんは1000円ということを考えるといいかなとも思いますが、名店と呼ばれる天ぷらとも思えませんでした。値段なりの材料、調理法ってところでしょうか。韓国系の純豆腐は、辛いという時点でくろこ的には駄目。マイルドにしてもらったけど辛味の方が味に勝っていました。

いつもこんなランチばかりだと財布が持たないので、500円弁当や家から持参もしてます。天候がよければ、外で食べることができるベンチがたくさんあるので、そういったところで食べるのもありかなと思います。

アフターショッピングも楽しみ。クイーンズスクエア、ランドマークプラザにはたくさんのお店があるので、ウィンドショッピングするのでも楽しいです。ZARA、H&Mといった手頃な価格の海外アパレルショップがあるがいいです。本日は昼食が早く済んだので昼からH&Mでお買い物しちゃいました。前々から欲しいなと思っていたものがあったもので(^^♪

8

今はハロウィン一色な店頭ディスプレイですが、来週からはクリスマスな感じに変わっていくのかな。クリスマスまでみなとみらいに通勤することはないだろうけど、クリスマスイルミネーションも見てみたいです。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

おニューのヘルメット

24、25の土日は雨でツーリング、行楽には向かないし、家でごろごろ、ショッピング、エステ等で時間をつぶしました。あとテニススクールに行って、振り替え分の消化を含めて2コマやってきました。一向に上達しないバックハンドを片手から両手に変えてやってみました。両手の方が安定して打ち返せるけど、片手に比べると振り抜いたときの爽快感みたいなものが少し物足りないかな。でもひとまず、両手バックハンドに慣れることを優先します。

Ninja250rs

先週の18日は、奥多摩までバイクショップ主催、カワサキバイクマガジンの取材込みのツーリングに出かけてましたが、Ninja250Rオンリーのツーリングでいろんなチビニンが見られて楽しかったです。写真左から3番目の白のチビニンはパールホワイトで近くから見るとキラキラしていてすごくきれいでカッコよかったです。チビニンで奥多摩に行くのは初めてでしたが、天気もよく、気持ちよく走ることができました。

さて、ようやく本題です。冬本番前には買おう買おうと思っていたフルフェイスのヘルメットをようやく買いました\(^o^)/

P1020119

AraiのPROFILE SPIKE(プロファイルスパイク)の赤です。購入はこちら→楽天

色は赤なのですが、若干オレンジっぽいです。でも柄はそんな派手ではなく落ち着いた感じだし、 赤チビニンにはよく似合うかなと。バイク屋さん等で試着してみて頭にもなじむし、内装のフィット感が一番しっくりいったので高いとは思いましたがこれに決めました。購入先はバイク屋さんではなく、通販だったりします。手元に到着するのは遅いけど安いのがメリット。

ヘルメット選びにはいろんな人の参考意見も聞きました。意見してくれた方ありがとうございましたm(__)m同じAraiのベクターイーグルなんかも候補だったのですが、内装がプロファイルと比べると若干チープで、実際にかぶってみてプロファイルより劣る印象だったのが落選理由。今週は雨でバイクに乗れなかったためデビューはしてませんが、近いうちにバイクに乗って感触を確かめてみたいと思います。折角だから赤チビニンとともに写真を撮ってみたいけど、一人じゃ写真とれない(>_<)

P1020124

ヘルメット以外には、赤のウエスタンブーツも通販でゲット。購入はこちらで楽天

こちらはバイク用ではなくファッションの一部として買いました。普段履きで使用しますが、近場のツーリングならこれでも問題なさそうなのでバイクでも使う予定です。赤のブーツってなかなかものがなくて、あっても品切れだったり、サイズがなかったりと探すのに苦労しました。流行からかベルトつけたり、いろいろ装飾品がじゃらじゃらしてるのが昨今多いですが、くろこ的には今回購入したもののようにシンプルなのが好きです。ほんとはエンジニアブーツで赤も欲しいけど、安いものが見当たらない(>_<)

そのほか、銀座、新宿に行ったり、最寄駅そばのスーパーでショッピングしたりしました。というような具合にバイクに乗れない週末を過ごしました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

東北紅葉温泉ツアー 第5日目

いよいよ最終日。朝は4時半というまだ外が暗い時間に起床。6時からホテルが企画してる奥入瀬渓流散策イベントに参加するため、その前にお風呂に入ったり用意のためです。

朝風呂で目を覚ませて、6時にフロントに行くと、マイクロバスがあり、それに乗って渓谷の上流方面の阿修羅の流れというポイントまで移動します。マイクロバスを降りた地点から下流に向けて1.6km先の岩ヶ戸まで1時間ほどかけて散策します。バスは岩ヶ戸で待っていてまたホテルに戻ってくれます。

P1010639

この日は雲が多めでしたが晴れ間も覗き、冷え込みもそれほどでなかったので、さわやかな気持ちで散策ができました。写真は降りてすぐの阿修羅の流れですが、水量が若干少ないです。というのも十和田湖からの水門を4時に開けるそうで、その流れがまだここまで達しいないからという話でした。夜間は水門を閉じているそうで流量がかなりすくなるとのこと。

P1010651

P1010665

渓流の流れは穏やかだけど、岩や流木はそのままにした景色はとても素敵です。紅葉はそれほどではなかったけど、木々の中を歩いて見える風景が次々と変わっていき、それそれは見事でした。

P1010714

P1010718

P1010724

しばらくすると馬門岩という岩が見えてきます。いわゆる柱状節理の岩で、間近で見られるため迫力があります。

P1010727

P1010739

風景もさることながら、植物の種類もたくさんあって、それを見るのもまた楽しいです。写真のトクサは研ぐための草で茎がとっても硬くなってます。

P1010759

P1010795

P1010809

その場、その場で違った情景を見せてくれる川の流れがどこまで歩いても飽きがきません。    

P1010851

そして楽しいひとときの最後に現れたのが岩ヶ戸という枯れ木が岩を支えている不思議な情景を見せてくれる場所。ふたたびここからバスに乗ってホテルに帰ります。

P1010876

途中、三乱(さみだれ)の流れというポイントでバスを停めていただきました。もう少し川の流量が多いともっと迫力なる流れになるようで、よく写真に収められている場所です。

P1010887

ホテルに帰還したら、朝食です。1時間ほどの散策はちょうどいい運動で朝食バイキングもとってもおいしくいただけました。ホテル出発は9時。最終日は午前中で観光を終わらせて、午後からは東京に向けて移動。

八甲田に登る予定でしたが、奥入瀬をすぐに出るのはもったいないので、一旦上流の方に戻り、白布の滝を観賞。

P1010902

P1010904

そして八甲田山へ。十和田湖から奥入瀬、そして八甲田山を青森抜けるルートは、八甲田・十和田ゴールドラインと呼ばれています。八甲田の有名な温泉地、蔦温泉、谷地温泉等を通り登っていくとブナ林の見事な紅葉が広がってきます。

P1010917

P1010919

さらに登るとやはり植生が変わっていき、白樺の一種、岳かんばなどが見られるようになります。

P1010932_2

P1010933

P1010950

最終日も相変わらず天気がよく綺麗な風景が見られました。中腹あたりまでくると、針葉樹も目立ってきます。冬には樹氷となるアオモリトドマツが見られます。

峠を過ぎ、超有名温泉の酸ヶ湯をパスして、中腹のあたりまで降りてくると八甲田ロープウェイの乗り場に到着します。

P1020047

 

P1020006

定員が100人超という大きなゴンドラで登っていくと、途中絶景の紅葉が広がります。赤と黄色の絨毯です。雲が増えてきて快晴のもとでのパノラマとはなりませんでしたが、とても綺麗な紅葉が眼下に見える様は夢の国ようでした。

P1020018

P1020014

山頂の風景は中腹の紅葉する木々とはがらりと変わり、アオモリトドマツや笹などに覆われています。冬の厳しさを物語るようにトドマツの上の方は折れ背の低い木ばかりになっています。これらが冬には樹氷となります。

P1010989

P1020001

山頂からは青森市街、遠くは津軽半島なども見えます。霞がかってはっきりとしないのが残念でした。今回は見えませんでしたが、津軽富士と呼ばれる青森県最高峰の岩木山も見えるようです。

八甲田をたっぷりと堪能して今回の旅の目的は達成です。5日間を通して東北地方の紅葉の名所を巡りましたが、どこも素晴らしい光景を見せてもらうことができ、本当に幸せでした。紅葉前線は関東にもすぐにやってくると思いますが、今回目にした情景は忘れられない思い出となります。

P1020058

P1020063

八甲田以降は帰るだけなので、特に用があったわけではないのですが、とりあえず青森市街に入り青森駅に向かいました。せっかくなので青函連絡船も見に行って、ここまでの旅の終着駅というか折り返しとして記念に撮影しました。

P1020067

昼食時だったので、青森駅にある食堂で昼食をとり、東京の自宅に向けて出発。時は午後2時過ぎで、青森中央ICから入りあとは東北道をひたすら走るだけのルート。

P1020073

旅の別れを惜しんだのか津軽富士岩木山もしっかりと姿を見せてくれました。青森からほぼ高速オンリーで700km。通常だと10時間ぐらいの行程ですが、休日のETC割引1000円ぽっきりを受けるため、最後の浦和料金所を抜けるタイミングは日をまたいで17日土曜日0時を過ぎてから抜けるように調整しながら走りました。

岩手県を通り抜け中、午後5時を過ぎたあたりから辺りは急に暗くなり始め、6時ぐらいにはもう真っ暗、そんな中、のんびりと東北道を南下させます。

P1020089

夕食は宮城県に入って、長者原SAでとりました。仙台名物の牛タン定食。旅の締めとしても十分なボリューム。

時間調整のため福島県までは東北道にあるすべてのサービスエリアにすべて立ち寄りました。また走行スピードも80km/hと制限速度よりも遅い速度。ただ福島県を過ぎ、栃木あたりまで来ると、調整する必要もないぐらいの時間になっていたので、関東エリアに入ってからは、普通の速度に戻し、休息は上河内SAに立ち寄っただけで浦和料金所まで走りました。浦和を通過したのが0時10分過ぎでほんとばっちりのタイミング。残りは首都高、中央高速を使い午前1時に自宅に到着。自宅に着くと客間に布団を敷いて両親をそこに寝かせてすぐに就寝しました。旅の前に布団乾燥、部屋のお掃除等もやっておいたので、普段のだらしないところは見せないで済みました。

走行距離2000kmの旅はこれで終了。PoloGTIでこれだけの長旅をしたのは、もちろんこれが初めてでしたが特に不調になることもなく、とっても素直に反応してくれるいい子でした。今回は両親が常に後ろの座席に座っていたため、一人のときよりずっと楽しく運転することできました。大体の希望がかなったので、両親ともども満足の行く旅になりました。

これで全5回にわたる東北紅葉温泉ツアーの記事もおしまいです。ここまで読んでいただいた方にはほんと感謝いたします。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

東北紅葉温泉ツアー 第4日目

朝はやっぱり朝風呂から始まり。旅行中ずっと朝は晴。特に4日目は雲ひとつない最高の青空でした。

P1010279

これまた定番の朝食バイキングで食事をとり、出発の準備。

4日目のルートは八幡平を秋田県側に抜けて、そこから北上して十和田湖、奥入瀬に至ります。まずは松尾八幡平ビレッジセンターに寄り、そこから八幡平アスピーテラインの始まり。アスピーテとは火山を分類するときに使われる言葉で、日本語だと楯状火山と訳されます。

これまでと同様登るにつれ紅葉が深まっていきます。

P1010338

P1010332

P1010347

雲ひとつなく、風もないためとても遠景もきれいだし、紅葉も際立って綺麗に見えます。

P1010355

P1010374

P1010375_2

P1010384

徐々に植生が変わり広葉樹から針葉樹へ、そして背立ちの低い木に変わっていきます。

P1010386

P1010407

やがて峠を抜けると再び中腹に色鮮やかな紅葉が見られるようになります。

P1010416

P1010421

八幡平は火山だけあって、噴気をあげているところも多く、温泉がたくさんあります。秋田県側に入り降りてくると八幡平ビレッジセンターに到着。

P1010430

P1010435

P1010456

このビレッジセンター周辺の紅葉が特に見事でした。ちょっと雲が多くなってきたのが残念でしたが、池の周りを散策するととても気持ちがよかったです。

たっぷりと八幡平の紅葉を堪能した後は、一路十和田湖を目指します。

P1010471

途中りんご園で昼食をとって、十和田湖は発荷峠に到着。

P1010482

P1010499

十和田湖は標高が400mほどで紅葉は色づき程度。発荷峠付近はちょっと高いので若干色づきがよかったです。十和田湖から目的地の奥入瀬はすぐなのですが、若干早めの時間なので十和田湖観光を少し。

P1010539

P1010555

十和田湖といえば、乙女の像、そして十和田神社。乙女の像は結構大きい像で高村光太郎作です。神社の方は父が三重県伊勢市出身ということもあり神社が大好きなので必然的に。写真の二人は両親です。

P1010534

P1010545

十和田湖はいわゆる火山で出来たカルデラ湖なので面白い溶岩なんかも見られます。そして湖畔に行ってたたずんでみたり。

午後2時を過ぎたので、宿に向かうことに。奥入瀬への道は平日にもかかわらず結構混雑。もともと駐車場がほとんどないから道をふさぐ形で停める悪質な車もちらほらと。ただもともと奥入瀬渓谷を堪能するのがこの旅の目的でもあるので、ゆっくりと走るのはそれはそれでいい気分でした。

P1010577

午後3時過ぎに本日の宿、奥入瀬渓流ホテルに到着。奥入瀬といえばここというぐらい有名なホテル。元は奥入瀬渓流グランドホテルと名乗っていたところ。

P1010563

P1010564

ホテルのラウンジにドンとそびえるモニュメントは巨大な暖炉で岡本太郎作。他にも大きな流木があったりと視覚を楽しませてくれる演出が素敵です。

P1010566

P1010567

折角の素敵なラウンジ、少し早めに到着したので、アップルパイとコーヒーを注文して作品を堪能させていただきました。アップルパイはシナモンが効いてほどよい甘さ加減がよかったです。湧水を使用した焙煎コーヒーも苦味がなくとてもおいしかったです。

P1010608

P1010621

P1010623 

軽くホテルの庭を散策。やっぱり岡本太郎のモニュメントがあったり、程よい加減に色づいた木々がとっても素敵でした。

P1010636

夕食はやっぱりバイキング形式。メインはやっぱり和牛...はもちろんおいしかったけど、ここでよかったのはお野菜。近場で取れた新鮮な野菜をシェフが盛ってドレッシングをかけてくれるのがとてもおいしかったです。生もゆでたものも野菜がとてもおいしく感じられたのは久しぶりだったかも。

温泉についてもやっぱりはずせません。源泉は近くにないため、八甲田にある猿倉温泉から湯を引いています。八甲田山系の温泉は湯量が豊富なんでしょうね、このホテルの場合、3箇所に大きな浴室があり、そのどれにも温泉が引かれています。うち一箇所はホテルからわざわざマイクロバスで移動しないと入れなかったりします。泉質は単純温泉で特徴がさしてあるわけはないのですが、露天風呂の庭がきれいだし、森の空気が感じられてとっても趣ある温泉でした。

この日は次の日に備え9時過ぎには就寝。次の日は4時半起きだったりするので...そしてラスト5日目に続きます。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北紅葉温泉ツアー 第3日目

3日目の朝もやっぱり6時おきで朝風呂。7時から朝食バイキングも前日と同じ。

P1010089

出発前に売店でお買い物。こけしと民芸品を購入。ホテル前の朝の源泉をパシャ。この日も朝から天気がよくホテル出発は9時。

まず向かったのは鳴子峡。ここは最盛期だと綺麗な紅葉が見られるのですが、前日からわかっていたことだったけど、まだぜんぜん駄目でしたdespair

P1010095

P1010100

ということで、渓谷は歩かずに先に進みます。向かうのは秋田県方面。宮城県地震による通行止め区間のある国道398号は使わず国道108号を使います。

P1010101

P1010102

程なく進むと現れた鳴子ダムはアーチ式ダムで、日本人の手によるアーチ式ダムでは一番古いものだそうです。ダムフェチにはいいスポットでは(^_-)-☆

R108をさらに進むと間欠泉で有名な鬼首を通ります。今回は紅葉が目的なのでスルー。トンネルで秋田県に入り、秋の宮温泉に到達。ここで細い県道へ右折します。峠道で上に上るにつれて美しい紅葉が広がっていきます。

P1010127

P1010132

細い道ですれ違い困難、大型は進入禁止等で観光ブック等にもあまり書かれていない道ですが、車も少なく紅葉がとても綺麗に見れる素敵な道でした。峠付近にやってくるとなにやら地面が白くなった場所が現れます。

P1010140

P1010147

P1010148

川原毛地獄という場所で火山地帯で白く見えるのは硫黄。白い山肌と紅葉のコントラストがまた見事。峠を越えしばらく降りていくと噴気がある場所に到達。

P1010169

P1010176

泥湯温泉という場所で、その名のとおり泥のようなところからぽこぽこと泡が湧き上がり、白い煙が立ち上っていました。硫化水素の卵の腐ったようなにおいが立ち込めていました。日帰り入浴可な旅館が何軒かと足湯もありました。

細い県道310号を抜けると紅葉もさすがに終わり、県道51号に入って湯沢市を目指します。

P1010195

途中の三途川渓谷ですが紅葉はまだまだ。思いがけず美しい紅葉と対照的な地獄を見ることができお腹一杯になってしまったので、このまま次の宿である八幡平を目指して先を急ぐことに。もともと川原毛地獄の存在も知らず、ほんとはその先の小安峡に行こうと考えていたのですが、そこに到達する前に予想以上のものが見れたため予定を変更して小安峡はパスすることにしました。小安峡の紅葉は事前にまだ見頃でないと分かっていましたし。

3日目の観光はほぼ終了で横手湯沢道路から高速に乗り、秋田道、東北道へと進みます。ちょっと遅めとなりましたが昼食は錦秋湖SAのハイウェイオアシスで。

P1010209

秋田といえば、これ稲庭うどんです。東北道を北上して松尾八幡平ICで降り、本日の宿へと向かいます。3日目の宿は八幡平リゾートホテル。

P1010256

岩手山の麓、八幡平を望む位置にあります。スキー場等を併設する完全リゾートホテルで規模は大きめでした。

P1010282

P1010289

ホテルからは岩手山、八幡平がきれいに見えてました。上写真は4日目の朝撮影したものですが、山の中腹の紅葉がきれいで期待が膨らみます。

ホテルには午後4時前には到着し、早速温泉へ。ここのホテルは東八幡平温泉に属し、温泉は近くの地熱発電所から引湯しています。それでも30年以上前からある立派な温泉です。泉質は単純硫黄泉。収容人数の割りに湯船が小さい気もしましたが、露天風呂から望む八幡平がとっても勇壮でした。

P1010271

食事は、バイキング形式。メインはやっぱり和牛ステーキ。これまた定番のオープンキッチンスタイルで目の前で焼いていただけます。岩手名物のわんこそばもご一緒に(*^_^*)

お腹が膨れて、再びお風呂に浸かり、外に出て夜空を見上げると満点の星空。周りに建物がほとんどなく光害がないため、 満点の星空を見せてもらえました。天の川がほんと川のように見えるのも久しぶりに目にしました。

午後11時には就寝。4日目へと続きます。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

東北紅葉温泉ツアー 第2日目

2日目の朝は6時ちょっと前に起きて、まずは朝風呂。相変わらず天気は最高。7時過ぎにバイキングでのお食事。そして9時宿を出発。2日目のルートは以下のようになりました。

母が今回の旅行でどうしても行きたいと言っていた蔵王山頂近くにある御釜を目指し蔵王エコーラインを走ります。滝見台で2つの滝を見学。

P1000878

P1000879

3段の滝と不動の滝。上が3段の滝で3つ目は木で隠れてしまっています。下の不動の滝は結構遠くにあって小さく写すのが精一杯でした。この辺りの紅葉はまだまだでした。

エコーラインを上っていくに従い紅葉が見事になりますが、風も強くなっていきます。エコーラインそのものは無料ですが、御釜に行くための駐車場に至る道は有料道路。この辺はしっかりしてます。駐車場は平日ということもあり、それほどでもなかったです。ただ風が強くダウンジャケット、マフラー、手袋を装備してお釜に向かいました。

P1000925

P1000936

P1000938

天気がよかったからでしょうか、御釜のエメラルドグリーンがとても綺麗でした。景色はよかったけど風が強くてこの旅行で一番寒い思いをしました。母がここに来たいと言っていた理由ですが、昔母とその姉で旅行に行った際に蔵王を訪れたのですが、この御釜を見ることがかなわなかったそうです。その姉は3年ほど前に亡くなっており、ぜひこの眼で御釜を見ておきたいそうで、それがかなってとてもうれしそうにしていました。

御釜をすぎると山形県側に向けて道は下っていきます。その途中の紅葉がとても見事。生憎車を停めるところがなく写真は撮っていません。ですが、こんなこともあろうかと用意しておいた秘密兵器によって車から見える紅葉の風景を撮影することには成功してます。

P1010203

デジカメを写真左の器具に固定してムービーモードで撮影しました。これで紅葉の風景はばっちり。ただムービーということで編集が時間がかかるのと、こちらのブログには載せられないため改めて別の機会に公開したいと思います。紅葉を期待させて見せられなくてごめんなさいm(__)m

蔵王を山形県側に降りて、上山から東北中央道路、山形自動車道を経由して月山を目指します。途中SAで昼食のうどんを食べます。月山の方までくると雨が降ってきてました。この日は日本海側の大気が不安定でたびたび夕立にさらされました。

向かったのは月山を含む出羽三山のひとつ羽黒山。月山、湯殿山、羽黒山を出羽三山と称しますが、羽黒山は他の2つと比べ標高が低く414mほど。月山は2000mに迫ろうかという山なのですが...そんな羽黒山には霊山である出羽三山の3つの神をあわせて奉る三神合祭殿があり、他の標高の高い山に登らずこちらで用を済ませることも可能となっています。今回は山頂の出羽三山神社の方にも行かず、ふもとにある国宝である五重塔をめざしました。

羽黒山のふもとの駐車場に近づくと雨も上がり、なんだか神様が祝福してくれてるのかなぁなんて思ったり(^_^)

P1000972

P1000983

P1010003

道は結構険しかったりしますが、山の空気がとてもすがすがしかったです。

P1010006

樹齢1000年の爺杉もあるように大きな杉の木が多かったです。

P1010015

そして目指す五重塔に到達。木々の中にそびえる姿がとても凛々しいです。昔からくろこは五重塔フェチで実は全国各地の五重塔にも結構足を運んでます。ということで国宝の五重塔の姿しかと目に焼けさせていただきました!(^^)!

五重塔を見終わり駐車場に戻る途中で雨がぽつぽつとまた降ってきます。そして駐車場から車を走らせる頃には土砂降りに...ほんとつくづくついてるなぁと思いました。

羽黒山からは北上して最上川に向かいます。次の宿泊地である鳴子温泉は最上川沿いを走る国道47号線を宮城県側に行くと着きます。

P1010036

途中立ち寄った白糸の滝ドライブウェイから見た白糸の滝。このときもまだ雨は降ってました。ただ本降りではないため、最上川ライン下りの船は出港してました。くろこ達は時間がないので宿をめざし、ひたすらR47を走ります。

鳴子温泉到着は午後5時ちょっと前。鳴子での宿は大型旅館の鳴子ホテル。

P1010056

鳴子温泉は東北地方でも名の知れた温泉なので、湯量も豊富であちこちから湯気が立ち、また硫黄くさくてまさに温泉街という空気です。鳴子ホテルは独自に源泉を持っており、上の写真がその源泉です。鳴子温泉は源泉によって多様な泉質を持つことが有名で、こちらのホテルの泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉となっていました。草津温泉に近いのかなとも思いましたが、こちらの方が酸性が強くないため肌が弱い人にはこっちの方がいいかもしれません。

P1010065

上写真は貸切風呂です。50分2200円で借りられるので思い切って借りちゃいました。ということで親の背中を流して親孝行...なんてことはしてないのですが、広いお風呂場を占有できてとってもリッチな気分になりました。

P1010059

食事の方はバイキング形式。品数も多く味もまぁまぁでした。バイキングでもやっぱり一番原価が高そうなのは...ということになるとやっぱりお肉ですよね。オープンキッチン方式で焼いてくれていたので熱々だったし、和牛ということでやわらかくておいしかったです。

P1010070

P1010073

夜中10時すぎ、お食事でお腹一杯、お風呂で火照った体を少し冷ますため、街の方に言ってみました。すると案の定というやつか、店はしまり、人は居ないさびしい風景が...8時ぐらいだったら商店とかもまだやっていたのだろうけど、10時ではねぇ。そんな静まった街を歩くも一興かなと思い少し歩いて足湯なんかにも浸かってみました。

P1010057

あと鳴子と言えばこけし。ということで宿のいたるところにこけしが飾ってありました。おみやげとしても売っていたので、もちろん購入してきました。こけしって昔は悲しい事情があって作っていたものだそうですが、現在は子宝にめぐまれるようにとかポジティブな理由で購入するのが一般的になっています。

ということで2日目も終了。3日目へと続きます。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北紅葉温泉ツアー 第1日目

今週からまた出社するようになりましたが、見事に休みボケthinkまぁそろそろ直ってきた頃だけど、まだまともな仕事やってるわけでないので、今のところ問題なし。

さてそろそろ東北旅行記の方をちゃんと書いておかないと忘れてしまいそうなので、これから1日毎の詳細記事を書いていこうと思います。ただアップは3回ぐらいに分けてできるだけスピーディにするつもりだけど...そんなわけで行ってみます。

12日は世間では3連休の最終日の祝日。普通は遊びから戻ってくる日だけど流れとは逆に向かいます。大型連休取るとこういうメリットがあってよいです。

今回は両親との旅となるので、実家(愛知県)からやってくる両親を新横浜駅で待ち合わせ。名古屋始発の新幹線でやってきてもらいました。朝4時半に起きたそうです。そして8時過ぎに新横浜駅から旅の始まりです。

1日目の目的地は宿のある宮城県遠刈田温泉ですが、紅葉をめでるのも目的なので最初は福島県磐梯山を目指します。東北道を使わず常磐道から磐越道に入るルートを使用。東北道は休みの日で日光、那須あたりへのお出かけが多いのを予測して混まないルートを選択しました。首都高の車は多かったけど常磐道に入るとガラガラとなって大正解だした。

磐越道に入って最初のSAである阿武隈高原SAで昼食。ここでちょっと驚いたのがSAなのにレストランがなくセルフサービスのカフェしかないことcoldsweats02SAにはレストランが当たり前にあると思ってましたが、田舎の方だとレストランなしのところも多いということに今更ながらに気づきました。今回はグルメの方はそれほどこだわっていなかったので、適当に地鶏重を注文していただきました。両親も高齢なんで昼食はうどん、そばでいいみたいで旅行中の昼食はずっとこんな感じでした。

磐越道猪苗代ICで降りて、裏磐梯を目指します。

P1000642

旅行中ずっとそうだったけど、からっとした秋空で磐梯山がきれいでした。手前のデザイナーズマンションがおしゃれ。こういうところで住むのもいいなぁと思います。

裏磐梯のあたりの紅葉はまだまだでしたが、関東にも近いリゾート地だけあって車も多く、五色沼あたりの駐車場は満車でした。裏磐梯はスルーして磐梯吾妻レイクラインに向かいます。

P1000665

見ごろとまでは行きませんが、少しずつ色づいている模様。写真は秋元湖。普通だったら攻めてしまいたくなるようなワインディングロードですが、今回の目的はあくまでも紅葉ということで制限速度より遅いぐらいの速度で景色を楽しみながらドライブ。両親もいるし手荒な運転はねぇ...ということでレイクラインの名所中津川渓谷に到着。

P1000706

こちらの紅葉もまだまだでしたが、中にはきれいに色づいている楓などもあったので写真を撮ってみました。渓谷まで降りていくと大変そうなので途中で引き返しちゃいました(^_^;)

磐梯吾妻レイクラインを通り抜け、次に向かうのは磐梯吾妻スカイライン。こちらは2000m級の吾妻山を抜ける道で高いところも通るので紅葉が期待できます。2つのどちらも有料道路であわせて2500円と高額なのが難点ですが、今回はスポンサーがいるので気にせず使いました。

P1000726

P1000749

P1000763

スカイラインでは期待にたがわず素晴らしい紅葉が...まさに見ごろという感じで赤黄色と美しい紅葉を見ながらのドライブとなりました。

P1000777

P1000795

噴煙を上げている山は一切経山という山で、浄土平の近くにあります。このあたりまで上ると植生が針葉樹となり紅葉はしなくなります。 有料駐車場があって吾妻小富士に登ることもできたのですが、混雑しているのと時間が4時になってそろそろ宿に向かう必要あったのでスルーしました。

P1000813

スカイラインを抜けると、宿に向けて東北道を目指します。福島飯坂ICから白石ICまで間は東北道を使いました。

1日目の宿泊地となる遠刈田温泉は宮城蔵王と称される場所にあるとおり蔵王山のふもとで宮城県側にあります。古くからある温泉で400年の歴史を誇るそうです。

今回宿泊したのは、バーデン家壮鳳という宿。源泉を2つ使った加温加水なしの100%源泉の湯が自慢。ナトリウム-炭酸水素泉の泉質は肌に優しく、露天風呂の庭にも工夫があってとても気持ちよく入れるお風呂でした。夜と朝で男女入れ替えとなるので夜と朝2回いくとどちらのお風呂にも入ることができるのがよかったです。

食事の方は今回唯一バイキング形式でない会席風のお食事でした。

P1000828

P1000832

P1000835

こちらも宿自慢で美容と健康に気遣ったメニューとのこと。量がとても多くてとても食べ切れなかったけど、どの品もとてもおいしくいただけました(*^_^*)写真はチーズフォンデュに牛タンシチュー。ちなみに朝食はバイキング形式。

P1000860

これでもかと美容と健康にこだわる宿で写真は豆乳ソフトクリーム。お泊りするということで只でいただきました。女性客に人気の宿というのがわかる気がしました。エステとかはやってこなかったけど、温泉とお食事だけでも十分満足できました。

1日目は午後5時過ぎに宿につき、10時過ぎには就寝しました。2日目につづく...

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

【速報】東北紅葉温泉ツアー2000km

12日から4泊6日(最終日は24時を過ぎて家に着いたため)で東北の紅葉の名所、温泉地を巡る旅をしてきました。両親を連れてぽろってぃを使っての旅。天候もよく紅葉も見ごろのところが多く充実した日々を過ごせました(^^♪詳細はのちほどゆっくりと書いていきたいと思います。ということで今回はダイジェストでお送りします。

1日目は裏磐梯、吾妻山をめぐり、宮城蔵王遠刈田温泉へ。裏磐梯の紅葉はまだまだ、吾妻山は色づき程度で見頃はもう少し先。

P1000669

P1000765

2日目は、蔵王、月山、最上川から鳴子温泉へ至るルート。蔵王の紅葉は見頃、月山に行くと雨が降ってましたが、羽黒山に着くとうまく晴れてくれました。

P1000925

P1010015

3日目は、川原毛地獄の峠の紅葉が見事。秋田県の横手に抜け、秋田道、東北道で八幡平温泉へ。

P1010148

P1010282

4日目は、八幡平を秋田県側に抜けて、十和田湖、奥入瀬のルート。

P1010416

P1010448

5日目は、朝に奥入瀬の散策、八甲田ロープウェイ、そして青森へ。そこから一気に東京に帰ると日付が変わってました。

P1010879

P1010950

今回はひとまずこれまで(^_-)-☆

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

お掃除、宮ヶ瀬、そして温泉

長期連休ももう後半戦に入りました。12日からは4泊6日の東北温泉紅葉ツアーに出かけます。両親を連れていくので、チビニンではなくぽろってぃを使います。秋が深まってきて東北もいい感じに紅葉が進んでいるようなので、楽しみです(*^_^*)

さて今週は月曜日に赤チビニンの6ヶ月点検をしてもらった後、火、水、木曜日は台風のおかげで天気が悪く家にこもりっきり。でもちゃんと有効利用はさせてもらっていて、この間に部屋の大掃除をしてました。東北ツアーの最終日に両親を家に泊めるから汚いままだと、いろいろと...離れて暮らしてるから心配しているだろうし、安心してもらうためにも気合いを入れてリビング、ダイニング、キッチン、バス、トイレと隅から隅までお掃除しました。ということで休みに入る前とは見違えるほど部屋が綺麗にそして片付きました。

金曜日は天気がよかったので、午前中はチビニンでお出かけ。ブログでお世話になっている白玉ネコさんとヨウさんに宮ヶ瀬ふれいあいの館でお会いしました。そこでお話しただけなのですが、休み中一人でいることが多かったため、とても楽しい時間となりました。

P1000626

手前から白玉ネコさん、くろこ、ヨウさんのチビニンです。この日は実は30分ほど遅刻してしまったのですが、白玉ネコさんどうもすいませんでしたm(__)m

金曜の午後、土曜日は六本木、新宿でそれぞれ別々の人と会って遊んで過ごしてました。

日曜日は再び家のお掃除の仕上げと、車の点検、そして温泉。車の方は明日から長距離旅行となるので、オイルのチェック、足回りの点検。高速道路に長く乗るのでタイヤの空気圧を若干高めにしてもらいました。

温泉は、ディーラーからだと道順が分かりやすい「いこいの湯多摩境店」へ。秋晴れで澄み切った青空の下、露天風呂でくつろげるのは最高な気分でした。

P1000629

お食事処ではちょっと奮発してお刺身定食1000円也を注文。明日からも温泉と美味しいご飯が待ってるけど、今回のはお掃除のご褒美かな(*^_^*)

さて後は旅行に行くだけ...と思ったらまだ旅行の準備ができてませんでした(>_<)ということで今から荷造りに励みます(^_-)-☆

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

6ヶ月点検

600キロのツーリングの翌日、10月5日月曜日に6ヶ月点検のため、練馬の購入店へ。走行距離は5200km。途中事故って1か月ほど使ってなかった時期もあったのに6ヶ月で5000kmを超えるとは思いませんでした(^_^;)恐るべきチビニンの魔力。乗りやすいからついつい出かけたくなる魔力を秘めてますよ。

当日は雨模様だったのでレインコートを着込んで運転。混雑もなく12時頃に到着。6ヶ月点検と共にオイルをエレメント込みで交換。さらに冬に備えてグリップヒーターも付けてもらうことに。購入時は3月でもうそろそろ必要ない時期だったのであえて付けませんでしたが、これから寒くなると有難さを感じるかなと。

P1000620

グリップはグローブを付けているとノーマルとあまり変わらない感触。でもヒーター電源をONにするとグローブ越しに暖かさが伝わります。5段階の調整が出来るタイプにしたので、Hiにすればすぐに暖まるし、冬に活躍しそうです。スイッチはキーの下に付けてもらました。スイッチが電子式なんで電源付けっぱなしの心配がないところがよいです。

点検は午後1時過ぎからやってもらったのですが、グリップヒーターも付けてもらうため時間がかなりかかるということで、その間は代車を借りて近所の温泉施設「極楽湯和光店」に行ってました。

極楽湯和光店は練馬に住んでいたときにオープンしてからは、かなり通いました。今でもバイク屋さんに来る度に入ってるかも(*^_^*)お湯が東京独特の黒湯で弱アルカリ性の美肌に良い系の泉質。露天風呂は屋根があるので雨が多少降っても濡れないのが良いです。

P1000614

P1000615

P1000616

極楽湯には午後1時過ぎから8時ぐらいまで居たので、その間、昼食と夕食もとっちゃいました。ここは食事処のメニューが充実しているので○。

マッサージ処でアロマトリートメントをしてもらい体のメンテナンス。首、肩、背中、足、デコルテ、フェイシャル、ヘッドのフルコース。アロマのにおいとマッサージが気持ちよすぎてとろけちゃいそうでした。癒し効果絶大、疲労回復、気分のリフレッシュ、そしてお肌すべすべと言うことなし(^^♪

いやぁ温泉ってほんとにいいもんですねぇ(*^_^*)

そんなこんなで7時間ほど滞在してバイク屋さんに戻ると赤チビニンが整備された状態で待ってました。帰りは温泉効果で行きより気分よかったですね。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

600キロのロングツーリング

10月4日、日曜日はつかの間の晴れ間という予報が出ていたので、3日に引き続きツーリングに行きました。前日と違って朝6時すぎから夜10時帰宅で走行距離600㎞のロングツーリング。バイクの日帰りでは最長距離となりました。ルートは下記の通りで、草津、志賀高原、小布施、諏訪、麦草峠、清里を巡りました。

朝6時すぎに新宿を出発して関越自動車道で高坂SAで朝食。

P1000366

朝は軽めにということで沖縄そば700円也。ラーメンと比べるとちょっとはヘルシーかな。高速は空いていて何事まなく渋川伊香保ICに到達。そこで高速を降り、一般道で草津に向かいます。途中吾妻川沿いを走る道は日本ロマンチック街道なんて名前が付いてますが、景色がその名にふさわしくロマンチックです。信号もあまりなく走っていると見事な柱状節理の崖が何度も現れるなど、飽きさせないとてもいい道でした。

P1000386

途中、最近話題の八ッ場ダムの工事現場付近も通りました。テレビでよく見る橋脚の近くにあるやんば館を訪れる人が多いそうです。ミーハーなくろこももちろん寄りました(*^_^*)折角の景色を台無しにする無駄なダムは止めて正解かなと思います。作ったところでその後の維持費も含めれば今止めるよりはるかにお金も使って、借金が増えるのが関の山だし。

快調に進みR292に入って草津に到着したのは9時過ぎ。

P1000393

街の中に入ると観光客でいっぱいでした。ということで湯畑を撮影。目指すは西の河原温泉。狭い道をゆっくりと進んで行くとようやく到着と思いきや駐車場が有料。もったいないのでそこはスルーしてR292沿いにある無料駐車場に停めました。最初からR292を使えば済んだ話ですが、草津の街を拝めたのでそれはそれでよかった。

P1000416

P1000419

温泉は西の河原公園の中にあり、駐車場からは400mほど離れています。途中で見かけた木々は少し色づいてますがまだまだという段階。目的の温泉は大きな露天風呂が男女分かれてあります。自然を感じながら草津の湯を堪能できるとあって、午前中でも人が一杯でした。大きいからイモ洗い状態にはなってなかったけど。源泉は湯畑のものではなく、新しく出たものを山向こうから引いています。温度が高いため加水はしてますが、草津らしい体に良さそうないいお湯でした。

P1000429

草津白根山に登る前に昼食。11時とちょっと早いけど登った先は高く付く割にあまり美味しくないものが出そうだったので。

P1000427

Cafeでパスタランチを注文しました。デザートのソフトクリームが濃厚でとっても美味しかった。

山道を走る前にまずは準備。今回は高度が高いところを走るので冬のジャケットとグローブを装備。首周りもきっちり防風対策をして出発です。

国道最高地点を走る道だけあって、カーブも多く登りがきつくなかなか楽しい道でした。車が多かったのでチビニンのパワーでも問題なく走れました。

P1000436

高度が上がるにつれて色づきのいい木が増えてきます。そして頂上付近では渋滞が始まりました。駐車場待ちの渋滞です。チビニンの方は空気が薄いからかエンジンの元気がなくなってきたので、少しアクセルをあおり気味に渋滞の列をすり抜けました。

P1000444

バイクの方の駐車場は空いていました。台数もそれほどいませんでした。天気がよくなってきたので、火口湖の湯釜を見るためハイキングコースを歩いてきました。

P1000465

P1000481

若干ガスがかかったりしますが、晴天で風もないためジャケットを着てると暑くて脱いで歩いてました。

P1000490

P1000537

山頂付近は紅葉する木が少なく、また↑写真のナナカマドのようにすでに葉が落ちて実だけになっている木も。でも普段見ない高山の植生を見るのは楽しかったです。

P1000524

山頂の湯釜は最初ガスで見えなかったのですが、次第に晴れてエメラルドグリーンの美しい姿を現わしてくれました。有毒な硫化水素ガスが発生しているため近くまで行って見れないのがちょっと残念。湯釜往復は1時間ほどでいい運動になったし、いい風景も見られて気持ちよかった。

山頂を出発したのは午後1時過ぎてからで、そのまま志賀高原を抜けるルートに向かいます。

P1000544

P1000557

途中、国道最高地点を通ったのでここで撮影。チビニンもここまでがんばってくれてありがとう(^_-)-☆長野県側に入ると空が済み渡り、紅葉の方もきれいに見えました。色づきはまだまだ3分ぐらいでしたが、ところどころきれいな紅葉が見られました。下りのワインディングも景色が素晴らしく楽しかった。

そのままR292で志賀高原を抜け上信越道の上州中野ICを目指します。高速に乗ってすぐのハイウェイオアシス小布施で休憩。

P1000563

P1000566

澄み切った青空で山々がとっても綺麗に見えます。小布施と言えば栗。ということで栗のソフトクリームを注文。

P1000570

山で歩いたり、ワインディングを走ったりして疲れた体には、ソフトクリームがとても美味しく感じられます。マロンケーキも美味しいけど、栗ソフトもいい感じでした。疲れを癒しつつ、おみやげとして栗ようかん、栗焼酎を買いました。

まだ日が暮れるまで時間があるということで、もう一走りすることに。候補は美ヶ原ビーナスラインと麦草峠メルヘン街道。前者は行って戻る行程がちょっと無駄な感じがしたので、後者の麦草峠を目指すことで決定。ビーナスラインも捨てがたいのでまたの機会に走りに行きたいです。

上信越道、長野道と南下して中央道に入ってすぐの諏訪ICで高速を降り、R299メルヘン街道に入りました。

P1000592

P1000595

写真はメルヘン街道から望む蓼科山と八ヶ岳の勇士。日が暮れ始めてちょっと赤みがかって美しい姿です。夕暮れ時で峠に向かう車もごくわずか。バイクは一台も見かけませんでした。

P1000597

メルヘン街道の方の紅葉もまだまだという感じ。道に関しては草津志賀高原ルートに比べると舗装状態が悪くコーナーもタイトです。でも他に車もおらずマイペースで走ることができたし、上りでは北アルプスに沈む夕日を拝むことができ、とても幻想的な光景を見ることができて幸せでした。撮影ポイントがなく写真は撮ってませんが、走ってきて良かったと思える光景でした。

P1000600

P1000604

峠に到達するころにはあたりが急速に暗くなっていき、東の空には大きな16夜のまんまるお月様が見えてきました。そして国道で2番目に高い地点に到達。チビニンで国道最高地点No.1とNo.2の道を制覇です。ほんとにチビニンはいい子です(^^♪

あたり暗くなってきてより慎重に運転をするようにしていると、道の真ん中に野生の鹿が現れました。夜の峠道はこれがあるから気を付けないといけませんね。鹿はすぐにどいてくれましたが、バイクで衝突してしまうとこちらも大ダメージをこうむりますし、さらに慎重な運転をと心がけました。

R141清里ラインに出て清里方面に南下し、中央道の須玉ICに向かいます。すっかり日が暮れてしまったため、景色を眺めるのということができなくて残念でした。夜風は冷たかったけど、冬ジャケットがちゃんと防御してくれました。

P1000613_3

P1000612

中央道に入ると7時ぐらいになっていたので、最初のSAとなる双葉SAで夕食にしました。注文したのはみみほうとう。連日のほうとうですが、今度はピリ辛味噌仕立てのもの。普通のほうとうでも温かくなるけど、ピリ辛でさらに温かくなってグッドです。

中央道は事故渋滞があったりしましたが、距離が短かったのですぐに抜けることができました。それ以外は順調に行けました。最後に家の近くで給油して燃費を計算してみると、ちょうど30km/lと久しぶりに30の大台に乗りました。最近25km/lぐらいが多かったので...

かなり長い記事になってしまいましたが、最後まで読んでくれた人にはほんと感謝です。10月5日週は雨予報ばかりだったので、強行スケジュールでこうなりましたが、休みでなければ、この600キロのツーリングはさすがに無理かなぁと思いました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

宮ヶ瀬、道志、山中湖

18連休が3日目、久しぶりにツーリングに行ってきました。ちなみに初日はバンドのライブのお手伝い、2日目は美容室で縮毛矯正、カラーリングに髪形も変えて一気にイメージチェンジをしてきました。

本日は午前中は通院して、少しお昼寝してると午後3時すぎに。それからあわてて出発。目指すは宮ヶ瀬。道は空いていて4時過ぎには到着。ふれあいの館に行ってみましたが、バイクは数台止まっているだけですごくさみしかったです。

P1000357

売店でなすを購入。焼きなすにしてもいいし、なす味噌もいいかなheart04

日が落ちてきたけど、道志みちに向かいます。道志みちでもすれ違うバイクは少なかった。5時すぎに道の駅どうしに到着。でも他にバイクはいません(>_<)

P1000358

トイレ休憩とおみやげを購入。ぶどうが美味しい季節なので「甲斐路」という品種のぶどうを購入。

道志みちを山中湖方面に向かうと峠では雨が降ってきてました。夏装備だったので寒い(T_T)峠を越えると雨も弱くなって、山中湖に到着。すっかり日が暮れちゃいました。

P1000361

山中湖で夕食。四季の茶やというお店に入りました。寒かったのでほうとうの看板を見ると、ふらふらとひかれるように...

P1000364

ほうとうと小うなぎ丼。うなぎはいらなかったかも。ほうとうは体が温まってよかった。冬が一番合うと思うけど雨で少し体冷えていたのでばっちりでした。

帰りは富士五湖道路で高速に入って、そのまま中央道で一気に帰宅。200km強と短かったけど、最近バイクに乗ってなかったので、ちょうどいいリハビリになったかも(^^♪

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »