« 東北紅葉温泉ツアー 第4日目 | トップページ | おニューのヘルメット »

2009年10月23日 (金)

東北紅葉温泉ツアー 第5日目

いよいよ最終日。朝は4時半というまだ外が暗い時間に起床。6時からホテルが企画してる奥入瀬渓流散策イベントに参加するため、その前にお風呂に入ったり用意のためです。

朝風呂で目を覚ませて、6時にフロントに行くと、マイクロバスがあり、それに乗って渓谷の上流方面の阿修羅の流れというポイントまで移動します。マイクロバスを降りた地点から下流に向けて1.6km先の岩ヶ戸まで1時間ほどかけて散策します。バスは岩ヶ戸で待っていてまたホテルに戻ってくれます。

P1010639

この日は雲が多めでしたが晴れ間も覗き、冷え込みもそれほどでなかったので、さわやかな気持ちで散策ができました。写真は降りてすぐの阿修羅の流れですが、水量が若干少ないです。というのも十和田湖からの水門を4時に開けるそうで、その流れがまだここまで達しいないからという話でした。夜間は水門を閉じているそうで流量がかなりすくなるとのこと。

P1010651

P1010665

渓流の流れは穏やかだけど、岩や流木はそのままにした景色はとても素敵です。紅葉はそれほどではなかったけど、木々の中を歩いて見える風景が次々と変わっていき、それそれは見事でした。

P1010714

P1010718

P1010724

しばらくすると馬門岩という岩が見えてきます。いわゆる柱状節理の岩で、間近で見られるため迫力があります。

P1010727

P1010739

風景もさることながら、植物の種類もたくさんあって、それを見るのもまた楽しいです。写真のトクサは研ぐための草で茎がとっても硬くなってます。

P1010759

P1010795

P1010809

その場、その場で違った情景を見せてくれる川の流れがどこまで歩いても飽きがきません。    

P1010851

そして楽しいひとときの最後に現れたのが岩ヶ戸という枯れ木が岩を支えている不思議な情景を見せてくれる場所。ふたたびここからバスに乗ってホテルに帰ります。

P1010876

途中、三乱(さみだれ)の流れというポイントでバスを停めていただきました。もう少し川の流量が多いともっと迫力なる流れになるようで、よく写真に収められている場所です。

P1010887

ホテルに帰還したら、朝食です。1時間ほどの散策はちょうどいい運動で朝食バイキングもとってもおいしくいただけました。ホテル出発は9時。最終日は午前中で観光を終わらせて、午後からは東京に向けて移動。

八甲田に登る予定でしたが、奥入瀬をすぐに出るのはもったいないので、一旦上流の方に戻り、白布の滝を観賞。

P1010902

P1010904

そして八甲田山へ。十和田湖から奥入瀬、そして八甲田山を青森抜けるルートは、八甲田・十和田ゴールドラインと呼ばれています。八甲田の有名な温泉地、蔦温泉、谷地温泉等を通り登っていくとブナ林の見事な紅葉が広がってきます。

P1010917

P1010919

さらに登るとやはり植生が変わっていき、白樺の一種、岳かんばなどが見られるようになります。

P1010932_2

P1010933

P1010950

最終日も相変わらず天気がよく綺麗な風景が見られました。中腹あたりまでくると、針葉樹も目立ってきます。冬には樹氷となるアオモリトドマツが見られます。

峠を過ぎ、超有名温泉の酸ヶ湯をパスして、中腹のあたりまで降りてくると八甲田ロープウェイの乗り場に到着します。

P1020047

 

P1020006

定員が100人超という大きなゴンドラで登っていくと、途中絶景の紅葉が広がります。赤と黄色の絨毯です。雲が増えてきて快晴のもとでのパノラマとはなりませんでしたが、とても綺麗な紅葉が眼下に見える様は夢の国ようでした。

P1020018

P1020014

山頂の風景は中腹の紅葉する木々とはがらりと変わり、アオモリトドマツや笹などに覆われています。冬の厳しさを物語るようにトドマツの上の方は折れ背の低い木ばかりになっています。これらが冬には樹氷となります。

P1010989

P1020001

山頂からは青森市街、遠くは津軽半島なども見えます。霞がかってはっきりとしないのが残念でした。今回は見えませんでしたが、津軽富士と呼ばれる青森県最高峰の岩木山も見えるようです。

八甲田をたっぷりと堪能して今回の旅の目的は達成です。5日間を通して東北地方の紅葉の名所を巡りましたが、どこも素晴らしい光景を見せてもらうことができ、本当に幸せでした。紅葉前線は関東にもすぐにやってくると思いますが、今回目にした情景は忘れられない思い出となります。

P1020058

P1020063

八甲田以降は帰るだけなので、特に用があったわけではないのですが、とりあえず青森市街に入り青森駅に向かいました。せっかくなので青函連絡船も見に行って、ここまでの旅の終着駅というか折り返しとして記念に撮影しました。

P1020067

昼食時だったので、青森駅にある食堂で昼食をとり、東京の自宅に向けて出発。時は午後2時過ぎで、青森中央ICから入りあとは東北道をひたすら走るだけのルート。

P1020073

旅の別れを惜しんだのか津軽富士岩木山もしっかりと姿を見せてくれました。青森からほぼ高速オンリーで700km。通常だと10時間ぐらいの行程ですが、休日のETC割引1000円ぽっきりを受けるため、最後の浦和料金所を抜けるタイミングは日をまたいで17日土曜日0時を過ぎてから抜けるように調整しながら走りました。

岩手県を通り抜け中、午後5時を過ぎたあたりから辺りは急に暗くなり始め、6時ぐらいにはもう真っ暗、そんな中、のんびりと東北道を南下させます。

P1020089

夕食は宮城県に入って、長者原SAでとりました。仙台名物の牛タン定食。旅の締めとしても十分なボリューム。

時間調整のため福島県までは東北道にあるすべてのサービスエリアにすべて立ち寄りました。また走行スピードも80km/hと制限速度よりも遅い速度。ただ福島県を過ぎ、栃木あたりまで来ると、調整する必要もないぐらいの時間になっていたので、関東エリアに入ってからは、普通の速度に戻し、休息は上河内SAに立ち寄っただけで浦和料金所まで走りました。浦和を通過したのが0時10分過ぎでほんとばっちりのタイミング。残りは首都高、中央高速を使い午前1時に自宅に到着。自宅に着くと客間に布団を敷いて両親をそこに寝かせてすぐに就寝しました。旅の前に布団乾燥、部屋のお掃除等もやっておいたので、普段のだらしないところは見せないで済みました。

走行距離2000kmの旅はこれで終了。PoloGTIでこれだけの長旅をしたのは、もちろんこれが初めてでしたが特に不調になることもなく、とっても素直に反応してくれるいい子でした。今回は両親が常に後ろの座席に座っていたため、一人のときよりずっと楽しく運転することできました。大体の希望がかなったので、両親ともども満足の行く旅になりました。

これで全5回にわたる東北紅葉温泉ツアーの記事もおしまいです。ここまで読んでいただいた方にはほんと感謝いたします。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

|

« 東北紅葉温泉ツアー 第4日目 | トップページ | おニューのヘルメット »

PoloGTI」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

詳細記事アップされてたんですね。

初日から見させて頂きました。

他のブロガーさんと同じ盆の写真があってビックリしました。

くろこさんが写真に写っているという事は、お母様が撮影されたんでしょうか?
なんか雑誌の特集に出てきそうな写真ですね♪

数日掛けて北上したのを最終日に一気に南下してるので、凄い距離ですね。><;

投稿: おいち | 2009年10月25日 (日) 02時54分

今回巡った場所は、名所ばかりなので、
他のブロガーさんたちとダブルのは当たり前かも。
みんなが行って、掲載ってことはいいところがあるからですしね(^_-)-☆

写真は両親にとってもらったりもしてますよ。
いっぱい写真撮ったので、掲載してないもの多数です。
ただどれもたいした写真じゃないのが...(>_<)

最終日はちょっと強行軍だったけど、
ずっと高速道路で運転は楽でしたよ。

投稿: くろこ | 2009年10月25日 (日) 19時37分

レポートお疲れ様でした!

綺麗な景色に楽しそうな道、そして美味しい食事。
うーん、イイっ!

1週間かけて車で色々回る旅行は私にとっては「これぞ旅行!」ですね。
こういうスタイルの旅行が大好きで若い時は良くやっていたのですが・・・・羨ましい。

2000kmの行程全部は真似できないですが、すごく参考になります。

投稿: ナカ | 2009年10月25日 (日) 22時45分

大阪人、ってあまり東北旅行の機会ないんですよ。
(決めつけちゃ怒られますね・・)
新幹線に乗って東京まで、それ以上足を伸ばすなら、
いっそ飛行機で北海道へ、てな感じで。。
私も東北旅行は25年前の高校の修学旅行くらい、
出張でも那須塩原くらいかなぁ。

でもたくさんの温泉や渓流散策とか見ると、
行きたくなりますねup
心洗われる滝やブナ林のキレイな写真もすばらしいです。
くろこさんの姿が写っているのもドキドキですcoldsweats01

追伸:ブログのタイトル変えました。

投稿: babel | 2009年10月26日 (月) 00時19分

>ナカさん
くろこもこの手の旅行は大好きで、
大型連休がとれるとたまにやってます。
今回はちょうど紅葉というイベントが重なって
とってもハッピーでした(*^_^*)

今回の記事がご参考になれば、うれしいです。

投稿: くろこ | 2009年10月26日 (月) 20時49分

>babelさん
関東に住んでいても南の方だと東北まで行く機会ってあまりありません。
くろこも実際に東北に行ったのは今回含めても5,6回ぐらいです。
青森は2回目ですよ。北海道なら何度も行ってるのに...

ブナ林の中に入るとほんとに心洗われた感じがしました。
白神山地は今回は行ってませんが、
世界遺産に指定されるほど、すごいブナ林ですから、
一度行かれることをお勧めします(^_-)-☆

投稿: くろこ | 2009年10月26日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535447/46560107

この記事へのトラックバック一覧です: 東北紅葉温泉ツアー 第5日目:

« 東北紅葉温泉ツアー 第4日目 | トップページ | おニューのヘルメット »