« 【速報】東北紅葉温泉ツアー2000km | トップページ | 東北紅葉温泉ツアー 第2日目 »

2009年10月21日 (水)

東北紅葉温泉ツアー 第1日目

今週からまた出社するようになりましたが、見事に休みボケthinkまぁそろそろ直ってきた頃だけど、まだまともな仕事やってるわけでないので、今のところ問題なし。

さてそろそろ東北旅行記の方をちゃんと書いておかないと忘れてしまいそうなので、これから1日毎の詳細記事を書いていこうと思います。ただアップは3回ぐらいに分けてできるだけスピーディにするつもりだけど...そんなわけで行ってみます。

12日は世間では3連休の最終日の祝日。普通は遊びから戻ってくる日だけど流れとは逆に向かいます。大型連休取るとこういうメリットがあってよいです。

今回は両親との旅となるので、実家(愛知県)からやってくる両親を新横浜駅で待ち合わせ。名古屋始発の新幹線でやってきてもらいました。朝4時半に起きたそうです。そして8時過ぎに新横浜駅から旅の始まりです。

1日目の目的地は宿のある宮城県遠刈田温泉ですが、紅葉をめでるのも目的なので最初は福島県磐梯山を目指します。東北道を使わず常磐道から磐越道に入るルートを使用。東北道は休みの日で日光、那須あたりへのお出かけが多いのを予測して混まないルートを選択しました。首都高の車は多かったけど常磐道に入るとガラガラとなって大正解だした。

磐越道に入って最初のSAである阿武隈高原SAで昼食。ここでちょっと驚いたのがSAなのにレストランがなくセルフサービスのカフェしかないことcoldsweats02SAにはレストランが当たり前にあると思ってましたが、田舎の方だとレストランなしのところも多いということに今更ながらに気づきました。今回はグルメの方はそれほどこだわっていなかったので、適当に地鶏重を注文していただきました。両親も高齢なんで昼食はうどん、そばでいいみたいで旅行中の昼食はずっとこんな感じでした。

磐越道猪苗代ICで降りて、裏磐梯を目指します。

P1000642

旅行中ずっとそうだったけど、からっとした秋空で磐梯山がきれいでした。手前のデザイナーズマンションがおしゃれ。こういうところで住むのもいいなぁと思います。

裏磐梯のあたりの紅葉はまだまだでしたが、関東にも近いリゾート地だけあって車も多く、五色沼あたりの駐車場は満車でした。裏磐梯はスルーして磐梯吾妻レイクラインに向かいます。

P1000665

見ごろとまでは行きませんが、少しずつ色づいている模様。写真は秋元湖。普通だったら攻めてしまいたくなるようなワインディングロードですが、今回の目的はあくまでも紅葉ということで制限速度より遅いぐらいの速度で景色を楽しみながらドライブ。両親もいるし手荒な運転はねぇ...ということでレイクラインの名所中津川渓谷に到着。

P1000706

こちらの紅葉もまだまだでしたが、中にはきれいに色づいている楓などもあったので写真を撮ってみました。渓谷まで降りていくと大変そうなので途中で引き返しちゃいました(^_^;)

磐梯吾妻レイクラインを通り抜け、次に向かうのは磐梯吾妻スカイライン。こちらは2000m級の吾妻山を抜ける道で高いところも通るので紅葉が期待できます。2つのどちらも有料道路であわせて2500円と高額なのが難点ですが、今回はスポンサーがいるので気にせず使いました。

P1000726

P1000749

P1000763

スカイラインでは期待にたがわず素晴らしい紅葉が...まさに見ごろという感じで赤黄色と美しい紅葉を見ながらのドライブとなりました。

P1000777

P1000795

噴煙を上げている山は一切経山という山で、浄土平の近くにあります。このあたりまで上ると植生が針葉樹となり紅葉はしなくなります。 有料駐車場があって吾妻小富士に登ることもできたのですが、混雑しているのと時間が4時になってそろそろ宿に向かう必要あったのでスルーしました。

P1000813

スカイラインを抜けると、宿に向けて東北道を目指します。福島飯坂ICから白石ICまで間は東北道を使いました。

1日目の宿泊地となる遠刈田温泉は宮城蔵王と称される場所にあるとおり蔵王山のふもとで宮城県側にあります。古くからある温泉で400年の歴史を誇るそうです。

今回宿泊したのは、バーデン家壮鳳という宿。源泉を2つ使った加温加水なしの100%源泉の湯が自慢。ナトリウム-炭酸水素泉の泉質は肌に優しく、露天風呂の庭にも工夫があってとても気持ちよく入れるお風呂でした。夜と朝で男女入れ替えとなるので夜と朝2回いくとどちらのお風呂にも入ることができるのがよかったです。

食事の方は今回唯一バイキング形式でない会席風のお食事でした。

P1000828

P1000832

P1000835

こちらも宿自慢で美容と健康に気遣ったメニューとのこと。量がとても多くてとても食べ切れなかったけど、どの品もとてもおいしくいただけました(*^_^*)写真はチーズフォンデュに牛タンシチュー。ちなみに朝食はバイキング形式。

P1000860

これでもかと美容と健康にこだわる宿で写真は豆乳ソフトクリーム。お泊りするということで只でいただきました。女性客に人気の宿というのがわかる気がしました。エステとかはやってこなかったけど、温泉とお食事だけでも十分満足できました。

1日目は午後5時過ぎに宿につき、10時過ぎには就寝しました。2日目につづく...

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

|

« 【速報】東北紅葉温泉ツアー2000km | トップページ | 東北紅葉温泉ツアー 第2日目 »

PoloGTI」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535447/46534566

この記事へのトラックバック一覧です: 東北紅葉温泉ツアー 第1日目:

« 【速報】東北紅葉温泉ツアー2000km | トップページ | 東北紅葉温泉ツアー 第2日目 »