« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

温泉宿あれこれ Part2

おまちかねの温泉ネタパート2です。前回分も写真付きでバージョンアップです。ただしサービスショットはありませんのであしからずwink

【東海】下呂温泉、長島温泉

Photo_9

Photo_10

地元なので紹介したいところは一杯ありますが、他と平等にブロック2個だけにします。下呂温泉は、日本三名泉の一つとされているほど有名な温泉地。川原にある露天風呂は360度開放感一杯(だと思う)。くろこは入ったことありませんけどね...旅館では水明館が有名です。長島温泉はくろこの実家の近くで小さい頃はよく遊びに行きました。掘削温泉のさきがけのような存在です。レジャー施設として東海地区屈指の存在です。2002年にオープンの湯あみの島は、敷地内に奥入瀬渓流と黒部渓谷をそれぞれ再現し、そこに点々とかけ流し湯船を配置し、景色と温泉を同時に楽しめる温泉施設となっています。普段は奥入瀬が女湯、黒部が男湯となっていますが、年に1度1ヶ月の間だけ、入れ替えが行われます。遊園地、アウトレットモール、プールと遊べる施設一杯で、さらに温泉で疲れを癒す最高のレジャーランドです。

【関西】有馬温泉、湯村温泉

Photo_11

Photo_15

有馬温泉は全国区の名湯。金の湯、銀の湯が有名です。大阪に住んでいたときに見た兵衛向陽閣はテレビCMが印象に残っています。それで一度ここに泊まりに行ったことがあります。三田(神戸)牛が有名な地なので、食事にはそれがもちろん出てきましたが、ほんと絶品でした。湯村温泉は風情ある温泉地で連続テレビ小説の夢千代日記の舞台となりました。源泉の温度が98度と日本一の高さを誇ります。但馬牛の産地に近く、旅館で食べた但馬牛が忘れなくてここに挙げました。

【四国・中国】道後温泉、湯田温泉

Photo_13

Photo_14

どちらも県庁所在地の都心部にある温泉地。道後温泉はぼっちゃんでおなじみ。有名な温泉館で入浴後、団子を食べるは温泉好きなら必須です。湯田温泉も道後と同じく歴史があり開湯から600年。白狐が温泉を見つけたとされています。父親がこの地に長年単身赴任をしていたので、よく入ったことのある温泉です。中国地方で複数入った経験があるのは、ここだけ。

【九州】由布院温泉、西表温泉

Photo_16

Photo_17

九州は温泉宝庫とでもいうべき土地柄でくろこも1年ほど出張してたこともあり、いろんな温泉地に訪れています。ということで選定が難しかったです。由布院温泉はくろこが一番のお気に入りの温泉地です。豊富な湯量、泉質のよいお湯、露天から眺める由布岳がまた最高。そして温泉街もとっても素敵です。西表温泉は日本最南端の温泉ということで挙げました。石垣島と西表島の間に広がる珊瑚礁は世界でも屈指の美しさ。西表島は山猫で有名ですが、ここに温泉が湧いていることはあまり知られてないかも。

以上、2回にわたって、日本各地の温泉地を紹介しましたが、もちろんこれ以外にも行ったことのある温泉地は数多くありますし、行ったことがなくて、くろこを待っている温泉地もたくさんあることでしょう。また別の形で温泉紹介をしてみたいと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

温泉宿あれこれ Part1

梅雨に戻ったかのような天気が続き、バイクに乗れない毎日。お金がないから週末の遠出計画も今のところなしの状態。ブログのネタもないので昔行った温泉についてつづってみます。最近はスーパー銭湯もどきの温泉ばかり行ってますが、温泉宿に泊まってどっぷりと温泉に浸かりたいheart04

とりあえず、北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州のブロックに分け、それぞれ思い出の温泉を紹介していきます。独断と偏見で選ぶので異論は認めますwink

【北海道】登別温泉、層雲峡温泉

Photo

Photo_2

登別ははずせないですね。異なる泉質を持つ源泉がいくつもあって、地獄谷も温泉地にふさわしい眺め、まさに「The温泉」。層雲峡は、柱状節理の景色がすばらしい。温泉の質もいいし、北海道の真ん中って感じで1泊するには絶好の場所。

【東北】蔵王温泉、酸ヶ湯温泉

Photo_3

Photo_4

東北は面積も広く秘湯、名湯もたくさんある地なのですが、くろこ自身があまり行かない土地柄のため、選考は結構大雑把にしました。蔵王温泉はなんと言っても大露天風呂の開放感がよいです。最初行ったときは男湯が入り口から丸見えでびっくりしたことを覚えてます。川辺の温泉として最高なロケーションがお気に入りです。酸ヶ湯に関しては、迷いましたが、十和田湖、奥入瀬、八甲田山と近所に見所一杯で、一軒宿だけど千人風呂の迫力に負けました。混浴風呂としても有名ですね。

【関東】草津温泉、猿ヶ京温泉

Photo_5

Photo_6

あえて箱根、伊豆は外しました。住んでいるところに近く数多く行っているため。草津温泉は日本一有名だし外せません。西川原露天風呂の開放感がたまらないし、温泉街が情緒たっぷりなところが好きです。猿ヶ京温泉はこれまた群馬県なのですが、豆腐懐石料理がよかったです。

【北信越】和倉温泉、白骨温泉

Photo_7

Photo_8

中部は北信越と東海に分けてみました。和倉温泉は北陸代表。加賀屋が最高です。高いけどそれなりに価値がある宿でした。白骨温泉はバップ問題で評判を落としましたが、泡の湯の露天風呂の白濁湯は本物。低温だから何時間でも入っていられます。冬季の雪見風呂が最高です。

Part1はここまでで、続きはPart2は東海から九州まで紹介したいと思います。期待せずにお待ちください。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

高尾山でお食事

土曜日は、高尾山のふもとにある「うかい鳥山」(お店のURL)に誘われたので、バイクで現地に向かいました。お店までは30kmほどの距離でプチツーリング気分good11時ちょっと前に家に出ると、途中渋滞やらにわか雨に降られたりと幸先がよくない?感じが漂ってましたが、しばらくすると雨も止み、渋滞もなくなり道半ばからはいい感じになって11時45分ぐらいにはお店に到着しました。12時にお店で待ち合わせでしたが、ちょっと早く到着しちゃいました。

P1000052

お食事に目が眩んでいたので、高尾山には目もくれなかったのですが、今回の主催がケーブルカーで登ったところにわか雨で景色を眺めるどころでなかったそうです。くろこはまたの機会に登ることにして、お店に入ります。

P1000077

P1000074

お店は山間の敷地に立派な庭、そこに点々と離れがある作り。今回入ったのが↑の離れ。部屋から眺めがよく、木々の中に池があり鯉が泳いでいるのが見えます。食事の間、2時間だけだったけれ優雅な時が過ごせました。

お食事は地鶏と和牛のコースが選べ、くろこは持病のUCがあるので脂身の多い和牛は避けて地鶏コースにしました。4人で地鶏、和牛半々とバランスよく注文。

P1000056

P1000057

P1000059

P1000061

P1000063

P1000068

P1000069

P1000070

P1000071

なにも言うことはないです。ということでコースのお料理の写真を全部並べました。シンプルですが上品な味わいでとても美味。メインは炭火焼で自分で焼いて食べる方式。地鶏はカリッと焼けた皮とジューシーな肉のマッチングが絶品でした。和牛の方も少しだけいただきましたが、舌にとろけるような霜降りの肉がとてもおいしかったです。

帰りはお腹いっぱいで満ち足りてしまったので、当初予定していた津久井湖、宮ヶ瀬湖経由のルートは止めてまっすぐ帰るルートにしました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

カー&バイク用品

本日は皆既日食でしたが、その時間は会社でお仕事。できれば世紀の天体ショーをこの目で見たかった。天体に関連して、7月20日は月に偉大な一歩を記録して40年目の記念日。月は身近な観光地になるどころか、くろこ生誕の年を最後に誰一人として月に行っていないという現実。再び人類が月に降り立つのはいつになるのだろう。

もともと天文好きで、ここ数日はその血騒いでました。野辺山、清里あたりに行って星空を眺めたくなってきました。天体望遠鏡、デジタル一眼も欲しいなぁ...

前置きはこれぐらいでタイトルの話に戻ります。先日の3連休最終日はカー&バイク用品店巡りしてました。行ったのはオートバックスとNAPS。ポロッティ、赤チビニンともに梅雨明けしたことだし、きれいにしてあげたいので、洗車用品を購入するのが目的...なんだけど、衝動買いの血が騒ぎ、関係ないものも買っちゃった。

P1000040

GPSレーダー探知機です。使っていた探知機が古くなりすぎたので、買い換えを模索していたところ、安く売っていたのでついcoldsweats01型落ち品ですが、機能的には問題なさげだし、いろいろ進化してるっぽいです。まだ取り付けてないのでその辺のレビューはまた次の機会にしますね。購入はこちら→楽天

P1000042

そもそもの目的の洗車用グッズとタッチペンのブラック。洗車用の使い捨てのクロスを用途別に3種類。ホイールと窓とボディ用です。タッチペンは以前チビニン用に買ったメットホルダーを黒くするため。↓の写真のように左ハンドルに取りつけてみたけど、ホルダーが銀色でちょっと合わない感じなので、ハンドル同様に黒にしようかと。赤も考えたけどどっちがいいかな?話は変わりますが、くろこのチビニンは地味なカスタムなんだけどハザードスイッチが付いてます。写真のメットホルダーの横にある赤のスイッチがそれ。Ninja 250Rの純正だとそれがなかったりします。停車時とかやっぱりあった方がいいです。

P1000008_2

20日で買ったものは以上ですが、実は通販でもう1品洗車グッズを買ってます。

P1000041

アメリカの製品でプレクサスというマルチ用途に使えるスプレー。先日のツーリングでご一緒した方に勧められたので買ってみました。メットのバイザーのコーティング等にもいいらしいです。購入はこちら→楽天

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

日光霧降高原ツーリング

3連休の中日19日に赤チビニンとともにツーリングです。今回はひとつ前の記事でツーリングに行きたいと書いたところ、突然のお願いにも係らずお誘いをいただき、初めての方々と日光霧降高原ツーリングに行ってきました。朝9時に蓮田SAに集合で、くろこをお誘いいただいた方とその同僚の方、合計3名のこじんまりとしたツーリングとなりました。もう一方、参加予定だったのですが、前の日に富士山に登ったとのことで疲れからキャンセルとなったようです。

お二人とは初めてだったのですが、赤チビニンは結構目立つらしく意外に簡単に落ち合うことができました。バイクは隼とBMW F800ST、そしてくろこのNinja 250R。くろこのマシンが非力なのですが、事前にゆったりツーリングをするとのことでしたので、高速でもくねくね道でも無理なくついて行くことができました。隊列はチビニンを真ん中に隼が先頭、F800STがしんがりという布陣。高速道路でもそれほど飛ばさず、すり抜けもしんどくない程度のペース。くねくね道も攻めるような走りではなく周りの景色にも気を配れるぐらいのペースで非力なマシンに運転下手なくろこでも十分に楽しめる走りとなりました。↓に今回のルート。走行距離は400km

3台のマシンの前からの写真↓。

P1000034_1

後ろからの写真↓。

P1000012

P1000028

08式隼↑。深いブルーと金色のホイールが映えます。マフラーの青くなった部分が車体にマッチングしていてとても素敵。気品を感じる色で横に並んだ時ほれぼれしちゃいましたheart04

P1000009

日光に入る前にスギ林の道を抜けたのですが、木々に囲まれて日が差さないので涼しくていい感じ道でした。

P1000024

霧降高原は曇りで気温こそ高くないものの湿度が高く不快指数は結構高かったですdespair写真↑の霧降の滝は遠くからの眺めとなりましたが、周りの木々の緑に滝の流れがよく映えてました。紅葉時にまた眺めてみたい風景でした。ニッコウキスゲの群生地もあるのですが、もうそろそろ終わりのようで、そこには結局行きませんでした。↓は散りかかったニッコウキスゲの写真。

P1000032

昼食は山のホテルで霧降の滝を眺めながらとりました。なすのドライカレー↓。ベランダの席で眺めが最高。

P1000018

ドライブウェイを抜けた先の大笹山牧場レストハウスが今回の終点。そこでソフトクリームを食べて帰途につきました。帰り道は今市ICから高速に入り、集合と同様蓮田SAで解散となりました。家にたどり着いたのは19時半ごろ。出発が朝7時半ぐらいだったので12時間の旅路でした。走行距離は400kmでしたが、休憩も十分にとったので走っている間はそれほど疲れは感じませんでいた。帰ってから疲れがどっと出た感じでしたが...

P1000036

最後に珍しい車両の写真↑ボスホスです。ボスホスはバイクなのにV8エンジンとか5700ccとか、いかにもアメリカという感じのいかれたバイクをつくるアメリカの会社。それが大笹山牧場レストハウスの駐車場に置いてありびっくりでした。それ以外にもいろんなバイクがいたけど、一番目を引いたのは、ドゥカティの集まりで10台ぐらいのドゥカティがそろうなか1台だけ白い848。赤ばかりの中で白はすごく目立ってました。そしてそれに乗っていたのが白のジャケットを着た素敵な女性。すごくかっこよかった。くろこもドゥカティ乗りたいなぁと思ってましたが、赤が基本のドゥカティで白を選択するセンスの良さに脱帽でした。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

猫飼いたいな

最近、車もバイクも関係ない記事が続いてますが、乗ってないから仕方ないもんsadさて、今回もタイトル見ても分かるけど関係ない記事です。

くろこは現在、動物は飼ってません。一人暮らしだし、仕事帰りは夜遅いし、休日は遊びに外に出かけること多いし、生き物を飼える環境でない。でも一人だと寂しいし、ペット飼いたいと思うことがしばしば...飼いたい動物はやっぱり猫かなぁ。犬は嫌いじゃないけど、勝手気ままな猫の方が好き。

子供の頃、周りが金魚池ばかりのところに住んでいて、野良猫をたくさん見ていたせいもあるかな。でも昔のくろこの周りにいた彼らのハンターセンスはすごかったです。金魚すくいでもらってきた金魚10匹ぐらいを外のポリバケツに水を張って、ふたをして置いていたら、数時間のうちに全部食べられてました。器用にふたを上げて、掬い上げて取っているのを目撃して、駆けつけてみると全滅sad昔の猫たちの野性味あふれる姿は、憎たらしかったけど、最近見かける猫は野良でも丸々と太って人間に懐くし、ほのぼのとしている感じがします。くろこがよく行く歌舞伎町の朝、四季の道で見かける猫たちは愛嬌があってかわいいしheart04

そんなわけで猫飼いたいなという思いが募ってます。住んでるマンションはペットは飼うのは問題ないけど、家を空けている時間が多いのがネックかなぁ。部屋は一人暮らしにしては広いから問題はないと思うけど...まだまだ衝動的な思いだけで飼うための知識とか全くない状態なので、実際に飼うのはもっともっと先のことになりそうです。

話は変わりますが、18日から3連休ですよねぇ。19日の日曜日の予定は空いてるので、ツーリング行きたいなと思ってます。どなたか一緒に行く人いないかな?東京から日帰りできるところならどこでも行きますよheart01でもでも高速道路を法定速度の倍速で駆け抜けるとか峠を攻めて攻めて攻めまくるようなツーリングは無理ですbearing居ないなら一人でどこかに出かけます。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

習い事

平日は仕事で遅くなるため、車やバイクにほとんど乗れませんが、他の人が書いているブログを読んでカスタムの妄想をしたり、通販で物色して購入したり、となかなか充実した毎日を送ってます。(つうか、ちゃんと仕事しろ!という声が聞こえてくるような...)というわけで、通販でバイク用品やらなんやらを購入しちゃいました。今週中に物は届くので、そのレビューは別の機会にします。

今回のテーマは習い事。子供の頃は、学習塾やら書道やら無理やり行かされて、嫌で嫌でしょうがなかったのですが、大人になると自分でお金を出すからか、進んで行こうと思ってしまいます。今現在、くろこはテニススクールとピアノの2つの習い事をやってます。ちょっと前までは、声楽、ゴスペル、スポーツクラブといろいろやってたのですが、時間とお金の都合で今の2つに落ち着きました。

英会話とか資格の勉強とか社会人として役に立つ習い事の方がいいんじゃないかという声もありますが、くろこの場合、趣味の方により多くの時間を費やしたいため実務に役立つ習い事は一切していません。やっぱり人生の半分の時間は好きなことに費やしたいですし。

テニススクールの方は、毎週1回インドアテニスコートでストローク、ボレー、サーブ、ダブルス実践練習等のオーソドックスなメニューのレッスン内容をこなしています。1回80分ですが、そこそこ汗をかくしいい運動になります。テニス暦は中学のとき軟式テニスをやって、その後大学、社会人で硬式のテニスを習って、現在に至るという感じです。

お遊びテニスなんで大会にでるとか真剣ではないです。というわけで通算すると何年もやってる割になかなか上達していないのが実情。もともと運動神経がいい方でもないですし。でも仲間内でテニスコートを借りてわいわいとやるとすごく楽しいし、気持ちいい。ですからスクールの方も続けて、せめて中級と言われるぐらいには上達したいです。

ピアノについては、4年ぐらい前から習い始めました。最初は楽器屋さんのピアノ教室で、途中先生がそこを辞めると、その先生宅の個人レッスンに切替えました。月1で1時間程度しかレッスンしてもらってないので、進み具合はゆっくりしてます。バイエルから始めて、現在はチェルニー30番をやってます。それ以外にソナチネアルバム等も交えてます。今はショパンのノクターン2番も来年の発表会用に練習開始しました。(気が早いですが、それぐらいじゃないと間に合わないし...)

大人になってからのピアノなんで指がどうしてもいうことを利かないし、苦戦してますが、とりあえずピアノ弾けますよと言えるぐらいには上達したいと思ってやってます。(にしては日ごろの練習をさぼりすぎなんですがね。)

ピアノを習い始めたきっかけは、もともと歌好きで合唱、ゴスペル、声楽等をやってるのに、楽器が弾けないのはなんとなく情けないという動機から。できれば好きな歌に絡めて弾き語りなんかできるようにもなりたいなと思ってます。

ほんとは歌の方もまた再開したいなと考え中だったりします。この間知り合いのライブでアカペラで歌わせてもらったのですが、発声練習とかさぼっていたので、昔に比べるとかなり声量も技術も落ちたなと自覚しました。なんでまたしっかりと発声練習をして、テクニックも磨きたいです。理想としては、ピアノ弾き語りで聴く人に感動を与えてみたいです。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

バイクでお散歩

土曜日の夜から日曜日の夜にかけて赤チビニンを駆って東京の街を疾走してきました。以下のルートです。新宿と富士見台に行っただけですが、およそ100kmぐらい走りました。

土曜の夜中に新宿は歌舞伎町へ。日曜の朝まで行きつけのバーで遊んで、朝食に中華料理を食べて家に戻ります。都議選の投票してから軽く寝て、午前中、マンションの用事を済ませて、家で昼食。お昼寝をしてから洗濯、ピアノの練習等をこなすともう夕方。

P1020995

P1020996

上の写真はタンクバックにナビを装備した様子。それに後部にネットで荷物を括り付けて出発準備はOK...とその前に赤チビニンのチェーンにオイルを差しておきました。そしてピアノレッスンのため富士見台へ向かいます。(先生の家で直接やってもらってます。)

P1020997

P1020998

ナビは写真のように運転しながらでも見やすい角度に付いてます。それでいてメーターもよく見えるし、なかなかいい感じです。途中、吉祥寺駅前を通ったので写真を撮ってみました。

ピアノレッスン終了後は、稲城温泉季乃彩に行き、夕食を食べてから、どっぷりと温泉に浸かりました。家に帰ってきたのは夜の11時半過ぎ。

P1030002

なんとなく日記にしてみると忙しい感じですが、お昼寝とか睡眠はちゃんと取ったし、温泉で疲れも癒してきたので、結構充実した休日となりました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

ウィンブルドンを振り返って

テニスは見るのもプレイするのも大好きです。現在は週一でテニススクールに通って、たまに仲間内でテニスコートを借りて遊ぶのが楽しいです。見る方は断然男子の方。フェデラー様ラブheart

さかのぼるとテニスを始めたころ好きになったサーブ&ボレーの貴公子エドバーグ、圧倒的な強さにほれたサンプラスと、片手バックハンドでサーブ&ボレーヤーにほれ込むことが多かったです。フェデラーは純粋なサーブ&ボレーヤーではないけど、一昔前ならサーブ&ボレーヤーとしても通用していたと思うぐらいに器用。

女子の方はシュテフィー・グラフが好きでした。最近は好きになる選手もなく女子テニスを見ることはほとんどなくなってしまいました。でも伊達さんの復帰はすごくうれしいです。あのウィンブルドン準決勝のグラフとの死闘を思い出します。

というわけで、好きになる選手なぜか、片手バックハンドの選手ばかりで、くろこ自身ももちろん片手バックハンドを貫き通してます。でもバックは苦手なんでフェデラーやグラフじゃないけど、バック側の球は回り込んでフォアでたたくのが好き。プレイスタイルはダブルスしかやらないけど、とにかく前で勝負。ボレーはミスすることが多いけど、気にせず前にでます。ストロークでもベースラインの外に引かないで内側に入って打ち込むことが多いです。サーブは背が低いのでフラット系はアウトすることが多いです。よってスピン系のサーブを使います。スライス系は苦手。基本的に好きな選手に影響受けたプレースタイルです。スイングとかもよくまねてました。

ここから本題で2009年のウィンブルドン選手権の話。なんといっても男子決勝の壮絶な試合が忘れられません。もう何日も経っているのにあの試合を思い出すと興奮します。それぐらいすごい試合でした。男同士の力と力、意地と意地のぶつかり合いが素敵でした。くろこも男子決勝はNHKで最初から最後までずっと見続けてしまいました。昨年の決勝戦もすごかったのですが、そちらは途中雨の中断で眠ってしまい最後まで見ることができなかったこともあり、今年は最後まで見ることができて幸せでした。

フェデラーファンなので、応援していたのはもちろんフェデラーでしたが、第5セットまでくると正直ロディックに勝たしてあげえてもいいかなと思えるぐらいロディックの集中力とプレイがすばらしかったです。ただセットカウントがフェデラーの2-1、タイブレークを2回連続で取った時点でフェデラーの優勝をほぼ確信してました。というのも第4セットはフェデラーがたとえ落とすことになっても第5セットはフェデラーが先行してサーブできる確立が高かったからです。もちろん4セット目をフェデラーがブレークされてセット落とすことになったらそうはならないのですが、普通にロディックがサーブキープでセットを取るまたはタイブレークで落とす確立の方がずっと高いのです。

ということでフェデラーは4セット目は5セット目を見据えてあえて力をセーブして戦っていたんじゃないかなぁと思ってます。結局、フェデラーはセット途中で1ブレークされそのまま3-6でセットカウント2-2のタイにされて試合は伝説の最終セットへと進みます。

歴史的な試合の第5セットは、フェデラーのサーブから、この時点でフェデラーの勝ちは8割ぐらいかなぁと思って見ていました。しかしロディックの集中力はすばらしくなかなかサービスをブレークさせません。逆に6-6のフェデラーのサーブで15-40でダブルブレークポイントの場面を迎えたときには、負けを覚悟したぐらい。これは好調だったサーブでしのぎましたが、第5セットが始まったときほど平静な気分で見ることはできなくなっていました。

いつ果てるのか全く予想ができないほど続くサービスキープ合戦。次第に両者の集中力がそがれていき、フレームショットも増えてきます。それでもフェデラーの勝ちを強く祈りながら勝利を信じ続けます。そして15-14となってロディックのサーブの場面。ようやくそれが訪れました。デュースからのアドバンテージ、チャンピオンシップポイント。フェデラー渾身のバックハンドがコートに突き刺さり、ロディックは返すものの無常にもフレームショットとなり球は場外へ。フェデラーがジャンプしながらのガッツポーズ。

勝利の瞬間はあっけないものでしたが、長い長い戦いのフィナーレとはそういうものなのかもしれないです。しかしこの度の勝利はとてつもなく大きなものでした。サンプラスと並んでいたグランドスラムの通算勝利を単独トップの15とし、また約1年ぶりのとなるATPランキング1位の座の返り咲き。そしてサンプラス、レーバー、ボルグとそうそうたる歴代チャンピオンたちがロイヤルボックスで見守る中での歴史的激戦の勝利はフェデラー伝説の新たなる1ページとなるでことでしょう。

本来、車とバイクのことをつづる日記なのに全く関係ないテニスのことを書きましたが、そんなことは関係ないと思えるぐらい感動できた試合だったのでここに綴らせていただきました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

ナビステー付きタンクバックとプチツー

日曜日は土曜のライブで朝帰りしたので、昼から活動開始。まずはバイクでバイク屋さんに向かいます。納車時に注文していたタンクバックと少し前に取り寄せてもらったNinja 250Rのサービスマニュアルをもらいに行きました。

P1020982

P1020989

タンクバックは給油口に固定するタイプでアタッチメントを給油口につける必要があるのですが、Ninja 250Rの給油口が今までにないタイプらしくアタッチメントがなかなかできなったため納品が遅れました。ナビのステーもオプションにあり、そっちも手に入れました。写真でみると分かりにくいけど、ハンドルステーと違ってタンクバックに取り付けてあります。運転時はメーターもちゃんと読めるし、ナビも見やすかったです。あとサービスマニュアルは少しは整備を自分でやってみようかなととりあえず取り寄せてみました。

バイク屋さんでアタッチメントを取りつけてもらうのに1時間ほど待って、その後プチツーがてらに極楽湯 横浜芹が谷店に向かいます。本日の走行ルートは以下の通り。

到着すると夕方5時を過ぎていたので、混む前に食事処で夕食。注文したのはゴーヤチャンプルセットとクリームあんみつ。

P1020988

P1020987 

横浜芹が谷店は、1か月ぶりですが、水素風呂なるものが登場していて、そこにももちろん入ってきました。なにか体に良いらしいです。お風呂後はエステタイム。まつ毛パーマにヘッドセラピーをしてもらいました。気持ちよくて寝ちゃったけど、とてもすっきりしました(^^♪

赤チビニンの走行距離は2500kmに達しました。もう少し時間があればもっと長距離のツーリングに出かけたいところです。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »